TOP

後先考えないでフラッと福原の風俗へ行った時の体験談です。結果は読むと分かります!

偶然から生まれた快感

先日福原のソープへ行ったらなんとびっくり、相手の風俗嬢のHとは地元が一緒だったことが判明したんですよ。学年とかは違うので共通の友人はいませんがもしかしたらもっと話し込めば共通の友達も出てきたかもしれないですね(笑)だから話がやたら盛り上がったんですよね。やっぱり福原のソープで思ったのは、コミュニケーションが大切というか、コミュニケーションによって快感そのものも全然違うものになるなって思うんですよね。その日は地元が一緒っていうただそれだけの偶然のおかげであそこまで快感が高まったんです。彼女が風俗嬢として上手だとか、手際が良いとかそういった話とはまた別の話というか、それが勝利の鍵を握っていたんじゃないかなとは思いますよね。実際、そのおかげで高い快感を楽しめたんです。コミュニケーションは風俗で大切なことだとはよく言われていますけど、それを自分自身がこういった形で実感するとは思っていなかっただけに、嬉しい気持ちもありますよね。

福原ソープは希望的観測で楽しむのもよい

福原のソープに関しては男女の問題ではありますが、濃厚なサービスを提供してくれる場所です。だから結構希望的観測というか、あまりネガティブにならずに都合よく楽しんでいます。それくらいのスタンスで楽しむくらいの方が健全かなとも思いますしね。それこそあれこれ気にしても仕方ないというか、福原ソープのルールさえ守っていればあれこれ言われるようなことはないんです。だからポジティブに考えるようにしています。この前も福原 ソープで検索してサービスを利用してきたのですが、自分は連射が出来ないんですよ。お店とかに行くとイベントで50分で5発って人もいて本当に凄いなと思いましたし、自分とは別物なんじゃないかとさえ思いましたけど、でも比べたところで自分がそれくらい発射出来る男に変わる訳でもありません。自分は自分。そう思って無理せず最高の一発を楽しむようにしています。そんなスタンスの方が案外楽しめたりするんですよ。だから自分自身、風俗は希望的観測を盛って楽しむようにしています。その方が身も心も健全に楽しめるんじゃないかなと。